2014年6月25日水曜日

【立会外分売分析予想】(2220)亀田製菓

(2220)亀田製菓の簡易分析
分析日11/02/1914/06/21
株価15753290
時価330億円734億円
売出数15万株30万株
上限5000株5000株
PER14.65倍22.94倍
PBR1.22倍1.83倍
ROE7.5%8.3%
ROA4.0%4.7%
配当22円27円
利回り1.4%0.82%
優待

2011/02/22~2/24に立会外分売。
2014/06/25~27に立会外分売予定。


☆業態
せんべいなど米菓首位。製品開発力に定評。日本、中国に自社工場。12年、保存食の尾西食品買収

☆買い要因
・業績安定成長
 毎年ジリジリと確実に成長中。
  → 最高益更新中

・チャートは面白い
 他と違って上がったチャートではない。
 しかし底抜けの可能性も。
  → 高値から分売発表で下落中

☆見送り要因
・利回り低し
 2%は欲しい。
 優待入れれば表面上はいくけど・・・
  → 株価上昇により1%未満に低下

・なぜ分売?
 自社株買いを中止して分売の意図は?
 地合を考えての事もあるだろうが、パッと見は謎。



☆2011/02結論 保留
割安感はないが、業績を考えれば悪い案件ではなさそう。
(ただ下方修正懸念はあるが・・・)
とりあえず分売価格発表まで「見」ですね。

☆2014/06結論 保留
業績絶好調で成長中とはいえ、割安感はありません。
貸借であるのでそれを見てという所ですね。



2011/02/22結果 勝ち
2014/06/25結果 勝ち
前日分売価格始値高値安値終値出来高

15201560156215431550
313030683105316030953150201900
2011/02
いつでもディナーとなりました♪
チャートは陰線で底抜け状態になってしまいましたので、明日どこまで戻せるか。

条件の良い分売価格だったので、申し込みするも配分無しでした。

2014/06
即売りでもディナー代となりましたが、持続した場合は倍以上の利益となりました。
出来高もイイ感じであり、前日高値を超えて抵抗線を突き破るようだと大きく取れるので、持続も十分に有りだと思います。

イイ感じに下げたので私はそこそこ申し込みましたが外れました・・・

【立会外分売分析】(3649)ピーエスシー PSC

(3649)ピーエスシー PSCの簡易分析
分析日12/07/1813/08/0414/03/0114/06/11
市場JASDAQJASDAQJASDAQJASDAQ
株価78605030※2568※3455
時価166億円217億円222億円299億円
売出数6万株10万株20万株15万株
上限数1000株2000株3000株200株
PER52.82倍41.57倍30.07倍40.46倍
PBR17.09倍14.59倍12.07倍16.24倍
ROE23.2%31.3%31.3%28.1%
ROA7.1%23.6%23.6%23.6%
配当15円12円10円15円
利回り0.15%0.24%0.39%0.43%
※2分割済

2012/08/01に立会外分売。
2013/08/06に立会外分売。
2014/03/06に立会外分売。
2014/06/25~27に立会外分売予定。



☆業態愛媛本拠の医療システム会社。病院、診療所向け医療用データ管理システム『クライオ』が主力

☆買い要因
・好業績
 1Q上方修正で、このままいけば通期も上ブレしそう。
  → 今期2Qも順調な成長
  → 前期増収増益、今期も大幅増益予定
  → 1Qも素晴らしく進捗率は大幅超過。

・財務良し
 現金9億円の無借金。
  → 現金7.8億円
  → 現金10億円

☆見送り要因
・PER高い
 50倍以上なので、多少上方修正したとしても・・・
  → 40倍以上に下がったが・・・
  → 30倍に低下
  → 40倍以上だが、上方修正を仮定すると多少下がりそう

・一相場後
 底値から一時20倍以上にもなっており、
 そこからまだ日も浅い。
  → 1年底練り後で再度高値へチャレンジか
  → 高値後下げの反転局面で分売発表の急落
  → 高値チャレンジ中なので分売で下がったら微妙



☆2012/08結論 見送り
見送り要因はまだまだありますが、書くまでもないので省略します。
仕手株には触らないのが長く相場を続ける秘訣です。
「投機」が好きなのであれば、十分に楽しませてくれるかもしれません。

☆2013/08結論 見送り
単純な数字からの判断で見送りとします。
ただし長い目で見れば良い銘柄ですし、東証鞍替え(今も東証といえば東証になってますがw)を狙ったり、チャート的に美味しい場合は申し込みも有りだと思います。

☆2014/03結論 保留
数字としては前回より改善していますが、割安とは言えませんし分売数も増えています。
しかし売りで急落しており、もう一段安もありえますのでガンッと下げたら買いの保留とします。

☆2014/06結論 保留
数字だけ見ると見送りなのですが、グロース視点では1Qの好業績で買っても良いとも言えます。
だいぶ先の分売なので、新四季報を確認して、東証への鞍替えの動きを鑑みつつのその時次第ですね。



2012/08/01結果 負け
2013/08/06結果 負け
2014/03/06結果 勝ち
2014/06/25結果 引き分け
前日分売価格始値高値安値終値出来高
698066316630668063006300
52805148520052005010508025000
280127442759281427402807
36603586358536053570358532300
2012/08
45,200株の申し込みで札割れ。
その割には一時、分売価格超えで逃げ場もありました。
ただし欲張ってしまうと引けには大幅安・・・
私はもちろん見送っています。
こういう株には手を出しません。

2013/08
寄りでは高く始まりましたが、その後は分売価格割れが続きましたので、25000株という出来高も考えて負けとします。
しかしチャート的には面白い位置にいますので、持続の方は要注視ですね。
私は見送っています。

2014/03
寄りは高く始まりましたが分売株が配布される頃には割れ水準へ。
しかし地合いの好転とともに大きく上昇し、終値も前日比プラスとなりました。
即売りではなく持たれた方おめでとうございます!
出来高はもう一声ですが、これをこなして高値ブレイクすれば一気の上伸もありえますので、持続も一考かと。
私は分売直前の上昇もあって見送っています。

2014/06
一時は分売価格を上回っていましたが、結局トントンで引けました。
出来高ももう一声欲しい所ですがチャート的にはまだ面白い位置にいます。

私は前日引けの吊り上げもあって見送っています。

2014年6月19日木曜日

【立会外分売分析予想】(3252)日本商業開発

(3252)日本商業開発の簡易分析
分析日12/12/0913/08/13/12/1014/02/2414/06/14
市場セントレックスセントレックス名証2部名証2部名証2部
株価111,000927 ※132022422319
時価12億円40億円59億円106億円110億円
売出数150株24万株3万株5万株12万株
上限数3株300株300株500株3000株
PER6.85倍12倍12.21倍20.76倍13.08倍
PBR1.23倍2.75倍3.54倍6.02倍5.07倍
ROE33.0%21.7%21.7%21.7%30.8%
ROA13.5%4.7%4.7%4.7%3.3%
配当5,000円17.5円27.5円27.5円45円
利回り4.5%1.9%2.08%1.23%1.94%
優待××
※ 400分割済

2012/12/17に立会外分売。
2013/08/26に立会外分売。
2013/12/13に立会外分売。
2014/02/27に立会外分売。
2014/06/19~25に立会外分売予定。



☆業態テナントによる商業施設建設を前提に土地取得、売却益狙う投資事業が主軸。手数料収益も
テナントによる商業施設建設を前提に底地取得、売却益を狙う。『地主ファンド』も組成

☆買い要因
・業績好調
 前期に及ばないが今期上方修正済み。
 2Qはヒドイけれど引き渡し時期によるもの。
  → 3Q好調で上方修正発表のEPS141円
  → EPS144円で着地し、今期予想は181円!

・分売数少ない
 たったの150枚。
 ただし出来高は通常一桁。
  → 300枚で、出来高1万前後
  → 500枚
  → 1200枚と多くなった

・総合利回り高い
 優待新設で、1枚なら総合利回り6%超となる。
  → 株価上昇により4%程度
  → 株価上昇も増配で5%弱

☆見送り要因
・セントレックス
 売買できる証券会社が限られており、
 板も非常に薄い。
  → 名証2部になったがあまり変わらず

・チャート高値
 新値連発チャート。
 分売で崩れる可能性も十分にある。
  → 鍋底後の大事な局面

・時価総額低い
 上昇してようやく10億円超は小型過ぎる



☆2012/12結論 見送り
不動産として考えるとPERも特段低い訳ではありません。
従いまして、株価上昇前ならともかく、今から買う必要性は感じられません。
てか、HPのトップが怖いので見送りますw
まぁ実際は枚数少なめなので、悪くないかもしれません。

☆2013/08

☆2013/12結論 保留

PERなどの数字的には見送り、しかし分売数や利回りを考えると、前回より申し込みやすくなっています。
東証などへの鞍替えを狙ってる感じもしており、会社側の意識の変化を感じます。
安くなったら申し込みとしておきます。
というか優待発表で飛び付き買いして、速攻利確した銘柄だったりします。

☆2014/02結論 見送り
PERなどの数字的には割高。
ここ最近は利回りと枚数の少なさにより高値を取ってきましたが、今更買っても、、、という感じなので見送りとします。
この所の分売連発が、売り抜け感もありますし・・・
(市場変更狙いなら良いのですが。)

☆2014/06結論 保留
利回りや確立してきたビジネスモデルを考えると買いでも良いのですが、今回は分売数が多くなっている為、保留とします。
東証への鞍替えもありそうなので高くなければ申し込みのスタンスでいきます。
しかし最初の分売から10倍高とは恐れ入りました。
SOの条件を見ると今期業績には自信があるようですし、一枚は持っておいても良いかも。


2012/12/17結果 勝ち
2013/08/26結果 引き分け
2013/12/13結果 勝ち
2014/02/27結果 勝ち
2014/06/19結果 勝ち
前日分売価格始値高値安値終値出来高
115100111600115000115000111800112100
927899908908889905
13841335136013681356136022200
24052332235823982335237127900
23112241224622662245225536500
2012/12
寄りならば焼肉代ゲットです!
場中でも高い所はあったので、売りたい人は利確できましたね^^
出来高43なのでまだ売り物はあると思います。

値決め日は分売価格よりも安い所もあり、吊り上げ感は否めませんでした。
本日上がったのも、日経+100の選挙ご祝儀相場のおかげかもしれませんし。
なので自分は見送っています。

2013/08
申し込み37100株と、大きく分売数割れ。
その割には値持ちはよくて固めでしたが、板はスカスカで出来高8000株。
買い板は分売割れ価格なので、引き分けとしておきます。
思惑はありそうな形をしていますが、自信の無い方は深入りは禁物かと思います。

2013/12
優待パワーもあってか値持ちがよく、底固く推移ししいつでもディナー代となりました。
出来高もそこそこで、高値ブレイクを狙って持続も良いかもしれません。
私は前日に無理やり値を上げたのを見たのもあって、見送りました。

2014/02
いつ売ってもディナー代となりました♪
前日に大幅上昇したのにも関わらず、立派な陽線引けです。
出来高も問題なく優待権利まであと一月ですが、個人的にはあまり手を出したいとは思いません。
私は見送りましたが、特に後悔はありません。

2014/06
前回よりは抑えられましたが、それでも分売価格を上回って推移しました。
出来高は物足りませんが、陽線を付けているので窓埋め期待でしょうか。

私は外れてしまったので、ザラ場で買って持続しています。

2014年6月17日火曜日

【立会外分売分析予想】(3646)駅探

(3646)駅探の簡易分析
分析日14/03/0114/06/10
市場マザーズマザーズ
株価489471
時価37.2億円37.2億円
売出数34.4万株34.4万株
上限数2000株1万株
PER13.78倍14.76倍
PBR1.63倍1.54倍
ROE15.9%15.9%
ROA13.4%13.4%
配当20円20円
利回り3.70%4.25%
優待--

2014/03/15に立会外分売予定。

2014/06/17~20に立会外分売予定。



☆業態
経路検索サービス『駅探』運営。モバイル経由の個人課金、法人向けライセンス販売、広告を展開

☆買い要因
・業績反転?
 3Qは増収大幅増益で、進捗率良し。
 通期上方修正したが、再上方されるか?
  → 微妙な決算だったが、今期見通しも微妙。

・財務良好
 現金14億円の無借金。
 ただし自社株買いで5億円使った可能性大
  → 現金13億の借入金4億円

・長期チャート良し
 短期はともかく、2年チャートが美しい。

☆見送り要因
・枚数多め
 小型株にしては出来高もそこそこあるので吸収できそうだが、
 大株主の売り圧力もまだ少しありそう。
  →今回で最後か、、、あと一回ありそう。




☆2014/03結論 買い

枚数が多めなので頭が重い可能性がありますが、中期目線では魅力的です。
上がらなければ買いとします。

☆2014/06結論 保留
実質PERは10倍ぐらいになりそうなのと、数字的には申し込んでもよい水準です。
しかし前回の事を踏まえ、需給的に厳しいので保留とします。
業績悪化が無ければ既に底値圏ですので、中期目線では損はしないと思いますが。



2014/03/15結果 負け
2014/06/17結果 勝ち
前日分売価格始値高値安値終値出来高
53051551551551251437200
468454457465455460141600
2014/03
最悪の地合いだったのもありますが、分売価格同値が精一杯でした。
いくらでも貰えた感じで、出来高もまだまだなので上値は重そうです。

私は上方修正狙いで欲しかったので、何枚か貰いました。

2014/06
前回からさらに下落しており、さすがにプラス圏で推移しました。
利回り的には底ですが、出来高的にはもう一声欲しいのと、ボラリスの売りがもう一回ありそうなので、深追いは禁物かと。

私は再度の分売を考えて見送りました。

2014年6月16日月曜日

【立会外分売分析予想】(3067)東京一番フーズ

(3067)東京一番フーズの簡易分析
分析日13/05/2613/11/1414/06/10
市場マザーズマザーズマザーズ
株価24500285 ※285
時価21億円24.5億円24.6億円
売出数4310株43.1万株43.1万株
上限数10株1500株1500株
PER19.59倍16.67倍14.47倍
PBR1.46倍1.88倍1.49倍
ROE15.5%15.5%16.0%
ROA11.1%11.1%12.9%
配当0円0円0円
利回り0%0%0%
優待
※100分割

2013/05/29~31に立会外分売。
2013/11/20に立会外分売。
2014/06/16~22に立会外分売予定。


☆業態国産の養殖フグ専門店『とらふぐ亭』を関東で展開。冬の上半期に売り上げ、利益を稼ぐ構造

☆買い要因
・優待利回り高い
 5株からではあるが、表面利回りは8%程度と高い。
 
・好財務
 借入金類1億以下で現金10億円持ち。
 時価総額は21億円。
  → 現金5億の借入金無し
  → 現金11億の借入金無し

・六次産業
 ふぐの六次産業化でトレーサビリティもやっている

☆見送り要因
・PER高め
 20倍程度と外食産業でも高め。
 せめて15倍程度なら・・・
  → 業績改善でPER低下

・無配
 優待あれども、無配なのは・・・


☆2013/05結論 見送り
自分基準では特に魅力は感じませんので見送りとします。
他銘柄と同じく、チャート的も悪くなっていますし。
しかし優待狙いで底値は固いと思われますので、短期であれば狙うのも面白いかもしれません。

関東にしか店舗がなく、行った事無いのですが味的にはどうなんでしょうか?
店頭でのお持ち帰りが、プチ贅沢が増えてそうなこれからが面白くなりそうではあります。

☆2013/11結論 保留
数字としては前回より良くなっていますので、とりあえず保留としておきます。
高値からずるずる下げてきての分売だったり、特に割安という事でもないので、買いとは言い切れない為です。

☆2014/06結論 保留
順調に業績回復中で2Qも上方修正するなど、魅力は高まってきています。
しかしそもそもが優待ありきの株価水準ともいえるので、見送り気味の保留とします。
株価が上がらなければ申し込んでも損はしないと思いますが。


2013/05/結果 負け
2013/11/20結果 引き分け
2014/06/16結果 引き分け
前日分売価格始値高値安値終値出来高
235002279521820225002182022000506
271262263265260262195800
283277280281278279110500
203/05
常に分売金額割れとなってしまいました。
出来高506株で板も薄く、陽線ではありますが上髭なのが厳しさを感じます。
私は見送っています。

2013/11
分売価格前後で推移し、ジュース代がでたかどうかの結果となりました。
出来高もそこそこあるので、もう少し上げて引ければ面白かったのですが・・・

私は前回と同じく見送っています。

2014/06
分売価格は上回って推移しましたが、手数料を引けばトントンレベルでした。
出来高はもう一声ですが、直近底値圏ですので割れなければジリジリ上がるかもしれません。

私は手数料無料で1枚貰い、さくっと即売りさせてもらいました。
割れないとは思っていましたがリターンを見ると申し込む必要はなかったかも^^;